カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

電子レンジでガラスを焼いてみよう!


BeeWorkVillageでは、おうちの台所で気軽にできる「ガラスフュージング」という技法でガラス作品を制作しています。
使うものは、ガラスカッター・ガラス・電子レンジ
そして「アートボックス(通称ゴエモン)」です。

今回は「ゴエモン」を使ってガラス玉(ナゲット)を焼いてみたいと思います。

1.
 
まずはガラスカッターフレッチャーを使ってガラスをカットします。
今回のガラス玉は、1.5センチ角です。
ベースになるカラーガラスと、上にクリアガラスの2枚用意します。

2.
 
ゴエモンの上にセラペーパー敷きます。
これを忘れると、溶けたガラスがゴエモンに焼きついてしまいますので、忘れないように!

3.
 
カットしたガラスをセラペーパーの上に並べます。この場合はベースにカラーガラス、その上にクリアガラスを重ねています。ガラス同士を少量の糊で仮止めします。溶けたときに隣同士ひっつかないように、5mmくらい間隔をあけます。

ガラス工芸っていうと、工場のような広いところで、首にタオルを巻いて汗だくで・・・
そんなイメージを持っていらっしゃる方が多いんではないでしょうか?


4.
 
電子レンジにゴエモンを入れます。目盛りは500wにセットしてください。
おうちの電子レンジや、ゴエモンの使用状態によりますが、まずは4分くらい電子レンジをかけましょう。

5.
 
軍手をして、時々ゴエモンの中の様子をみてください。使い慣れてくると蓋の中央の穴から漏れる光の強さで判断ができるようになります。
好みの溶け具合になったら、電子レンジを止めます。
今回はナゲットなので、丸くなるまで焼きます。

6.
 
丸くなりました。周りに燃えやすいものがないのを確認して蓋をあけます。
中は高温になっていますので、気をつけてください。台所のステンレスの所や大判のタイルなど用意されるのがいいと思います。
少し空気にふれさせ冷まします。焼けた赤い色が落ち着いてきたら、蓋を戻し手で触れるくらいになるまで自然に冷まします。

7.
 
完全に冷めたら水洗いをして、好きなものにボンドで貼りましょう。

 
欠片ガラスで模様をつけることもできます。可愛い小花のガラス玉ができました。いろいろ試してみてくださいね♪


BeeWorkVillageオリジナルガラスフュージングキットシリーズ


電子レンジでガラス雑貨ができる!アートボックス&ゴエモン